事業所・企業統計調査報告 事業所及び企業に関する集計 平成11年 第2巻 25 - 総務庁統計局

企業統計調査報告 総務庁統計局 事業所及び企業に関する集計

Add: yjacoqaf12 - Date: 2020-11-26 14:24:12 - Views: 3522 - Clicks: 6069

飲食サービス事業の収入」により算出した。 5. 6%)で最も多く,次いで県西地域,県北地域,県央地域,鹿行地域の順となっている。(第1-24表及び第5図) 県内の従業者数を地域別にみると,県南地域が411,809人(従業者全体の33. 7%)を上回っている。 図9 雇用者の従業上の地位別構成比(民営,非農林,平成18年) -小売業や飲食店では「常用雇用者」に占めるパート・アルバイトなどの割合が高い- 産業中分類別に「常用雇用者」に占めるパート・アルバイトなどの「正社員・正職員以外」の割合をみると,「各種商品小売業」が82. 平成8年事業所ヹ企業統計調査報告 平成3 年まで『事業所統計調査報告』 全国の事業所を対象に、事業の種類ヹ事業者数など を調査した結果のまとめ 総務省統計局 n01 産業 平成11年事業所ヹ企業統計調査報告. 2%)で最も多く,次いで県北地域,県西地域,県央地域,鹿行地域の順となっている。 前回調査と比べると,県南地域が1.

修理料 商品を販売するかたわら,販売商品に関連した修理を行っている場合,その収入額。調査票の「販売商品に関する修理料収入」により算出した。 2. 6%)となっている。 経営組織別構成比を全国と比較すると,「個人」で高く,「法人」で低い。(第1-21表) 1. 大分類A-農業・林業に属する個人経営の事業所 2. 産業用使用者に少量又は少額に商品を販売する事業所 3. 3%)より高くなっている。 一方,「個人」経営の事業所においては,男性従業者数の割合(同47. 2%)となっている。 前回調査と比べると,「個人」が34,861人の減(16. 「山形県経済動向月例報告」-事業所・企業統計調査 (h21年度から経済センサスに移行)-総務省統計局 「事業所・企業統計調査」 (外部サイトへリンク) 経済センサス 統計企画課 「平成26年経済センサス-基礎調査結果」 総務省統計局.

2%の順になっている。 -従業者数:35市町村で減少- 全事業所で市町村別に従業者数をみると,水戸市が154,837人で最も多く,以下つくば市が103,166人,日立市が97,576人,土浦市が78,676人の順となっている。 前回調査と比べると増加した市町村は9市町で,最も増加率が高かったのは,守谷市が10. 管理,補助的経済活動のみを行う事業所ではないこと 2. 「-」:該当のないもの,調査あるいは集計をしていないもの及び対前回増加率について分母が「0(ゼロ)」で計算できないものを示す。 2.

物の生産,サービスの提供が,従業者と設備を有して,継続的に行われていること。 すなわち,一般に,商店,工場,事務所,営業所,銀行,学校,病院,寺院,旅館などと呼ばれているものが事業所である。. (注)事業内容等不詳の事業所は含まない。 事業所数の多い上位10市において,産業大分類別に事業所数をみると,全ての市で「卸売業,小売業」の事業所数の占める割合が最も高く,全体の2割を超えている。 「卸売業,小売業」の次に事業所数の割合が高い産業をみると,「建設業」,「宿泊業,飲食サービス業」,「生活関連サービス業,娯楽業」などとなっている。(第1-26表及び第8図) (第1-26表の続き) 従業者数の多い上位10市において,産業大分類別に従業者数をみると,7市で「製造業」の従業者数の占める割合が最も高くなっている。 残り3市は,水戸市,つくば市及び土浦市で,いずれも「卸売業,小売業」の従業者数の占める割合が最も高い。(第1-27表及び第9図) 第1-27表:従業者数上位10市の産業大分類別従業者数 (第1-27表の続き) 第9図:従業者数上位10市の産業大分類別従業者数の構成比 目次に戻る ページの先頭に戻る 結果の概要2へ. 9%となっており,資本金が3000万円未満の企業が企業全体の9割以上を占めている。 表16 資本金階級別企業数(平成13年,平成18年) 目次に戻る. 「平成29年就労条件総合調査報告」の訂正について 69kb 平成28年就労条件総合調査結果の概況の訂正について 46kb 就労条件総合調査の結果の訂正について(平成29年2月28日) 253kb 平成28年就労条件総合調査の東日本大震災への対応について 43kb.

「年間商品販売額」,「その他の収入額」,「商業以外の収入額」,「年間商品仕入額」及び「年初及び年末商品手持額」の産業分類別数値については,十万円単位で四捨五入を行い百万円単位での金額表示をしているため,数値の積み上げが合計値と必ずしも一致しない。 3. 3月29日平成29年外資系企業動向調査速報; 3月27日平成29年情報通信業基本調査; 2月28日生コンクリート流通統計調査(平成29年10-12月期) 2月28日砕石等動態統計調査(平成29年10-12月期) 2月2日平成29年経済産業省企業活動基本調査(速報). 「事業別売上(収入)金額」の「卸売の商品販売額(代理・仲立手数料を含む)」及び「小売の商品販売額」を合算したものに金額が有り,かつ産業細分類の格付けに必要な事項の数値が得られた事業所であること このため,上記1各表の集計と事業所数,従業者数,年間商品販売額は一致しない(表1)。 なお,売場面積については,当該調査項目の数値が得られた事業所が同じであることから,同値となっている(表1)。. 4%の減少- 平成18年10月1日現在の茨城県の民営事業所及び民営以外の事業所を合わせた全事業所は126,506事業所であり,うち民営事業所は122,258事業所,民営以外の事業所は4,248事業所となっている。全事業所の事業所数は,平成13年事業所・企業統計調査(以下「前回調査」という。)に比べると,8,875事業所の減少(6. セルフサービス方式を採用しており,一般用医薬品を小売りしている事業所 2. -事業所数:小規模事業所で大きく減少- 全事業所を従業者規模別の事業所数にみると,「1~4人」が75,411事業所で全体の59.

4%)であり,うち「国」は232事業所,「地方公共団体」は4,016事業所となっている。 従業者数をみると,「民営」は1,176,545人(従業者全体の92. 6%となっており,小売業や飲食店では,「常用雇用者」に占める「正社員・正職員以外」の割合が高くなっている。 表9 産業中分類別「正社員・正職員以外」の従業者数(民営,非農林業,平成18年) 目次に戻る. ほぼ全ての事業所及び企業の経済活動の状態を明らかにするとともに、各種統計調査の精度向上に資する母集団情報を得ることを目的とした統計調査で、「基礎調査」と「活動調査」の2種類がある。 経済センサス調査結果(概要版) 事業所企業統計調査結果. 「平成28年経済センサス-活動調査産業別集計(卸売業,小売業に関する集計)」における集計対象等について』を参照。 2. 小売業者又は他の卸売業者に商品を販売する事業所 2. 5%を占めている。 前回調査と比べると,5産業で増加しており,「医療・福祉」が21,692人の増(26. 3%を占めている。 県内の従業者数を市町村別にみると,「水戸市」が145,374人(従業者全体の11.

6%)であり,うち「国」は12,584人,「地方公共団体」は84,011人となっている。 表5 経営組織別事業所数の推移(全事業所) *会社以外の法人は独立行政法人等,その他の法人である。 表6 経営組織別従業者数の推移(全事業所). 統計法(昭和22年法律第18号)の規定に基づき指定された指定統計調査第2号 2. 統計表一覧 統計表について. 大分類B-漁業に属する個人経営の事業所 3.

-女性では「正社員・正職員」よりパート・アルバイトなどが多い- 非農林漁業の民営事業所について,従業上の地位別に従業者数をみると,「雇用者」が1,013,679人(従業者全体の86. 会社企業に関する集計 : 全国結果||カイシャ キギョウ ニ カンスル シュウケイ : ゼンコク ケッカ ; その1. 4%減)となっている。 図3 事業所数,従業者数の推移(民営事業所).

例えば,家電メーカーの支店,営業所が自己製品を問屋などに販売している場合,その支店,営業所は卸売事業所とする。 6. 総務省統計局のデータを転載しています。 目次に戻る. セルフサービス方式を採用し,売場面積が500平方メートル以上で,「店舗形態」において「ホームセンター」を選択した事業所 目次に戻る. なお,修理料収入額の方が多くても同種商品を販売している場合は,修理業とせず卸売業とする。 8. 3%減)となっており,従業者規模が小さいほど従業者数が大きく減少している。 図7 従業者規模別従業者の構成比 図8 従業者規模別従業者の増減率(平成13年~18年) 目次に戻る. -事業所数:「個人」の構成比が5割以上- 経営組織別に民営の事業所数をみると,「個人」が64,015事業所で民営事業所全体の52.

平成十九年五月二十三日 改正法令名: 統計法及び独立行政法人統計センター法の一部を改正する法律 (平成三十年法律第三十四号) 改正法令公布日: 平成三十年六月一日 よみがな: とうけいほう. 1%)となっている。 このうち,「雇用者数」の内訳をみると,「正社員・正職員」は632,292人(雇用者全体の62. 「不詳」について 統計表の表頭,表側中「不詳」とは,当該項目について調査をしていない以下の項目及び当該項目の数値が得られなかったことを表している。 1. 賃金構造基本統計調査の対象事業所に選ばれた事業主の方へ ; 令和2年から賃金構造基本統計調査が変わります! (賃金構造基本統計調査の一括調査を希望する企業の募集について) 一括調査のポイント 【令和2年度募集終了】一括調査の申請はこちら. 平成24年11月28日 統計トピックスNo. 3%)で従業者が9人以下で7割以上を占めている。 増減率でみると,「1000人以上」で13. See full list on pref. 「開店時刻・閉店時刻」及び「営業時間」階級については,営業時間に関する項目について調査をしていない牛乳小売業(宅配専門),新聞小売業(宅配専門)の事業所を不詳とした。 2.

2%,第12位)となっている。(第1-1表) 1. 4%を占めている。 全国は「卸売業,小売業」が11,843,869人(同20. 5%)となっている。 「法人」のうち,「会社」は2,882,491事業所(同54. 2%増の順になっている。 減少した市町村は40市町村で,最も減少率が高かったのは,桜川市が14. 8%)となっている。 全国は「個人」が5,719,403人(同10. サービス業 販売商品に関連しない各種修理,クリーニング,宅配便取次手数料など,サービスの提供に対する収入額。調査票の「事業別売上(収入)金額」のうち,「(カ)建設業,サービス関連産業A」. 9%を占めている。(第1-25表及び第7図) 1. 2%)の順となっている。 産業大分類別構成比を全国と比較すると,「建設業」及び「生活関連サービス業,娯楽業」などで高く,「宿泊業,飲食サービス業」,「不動産業,物品賃貸業」及び「医療,福祉」などで低くなっている。(第1-2表) 県内の産業大分類別事業所数を平成26年経済センサス-基礎調査の結果と比較すると,全産業で4,161事業所減少し,「電気・ガス・熱供給・水道業」,「運輸業,郵便業」及び「金融業,保険業」で増加したほか,高齢化が進展するなか「医療,福祉」の増加が際立つ,その他の産業については減少している。(第1-3表及び第1図) 第1図:産業大分類別事業所数の推移 県内の従業者数を産業大分類別にみると,「製造業」が280,530人(全産業の22.

平成26年経済センサス‐基礎調査は,事業所の事業活動及び企業の企業活動の状態を調査し,事業所母集団データベース等の母集団情報を整備するとともに,我が国における事業所及び企業の産業,従業者規模等の基本的構造を全国的及び地域別に. 総務庁統計局編集 言語: 日本語; 英語 出版情報: 東京 : 総務庁統計局,. <調査範囲から除外した地域> 平成28年6月1日現在において,東日本大震災に関して原子力災害対策特別措置法(平成11年法律第156号)第15条第3項の規定に基づき原子力災害対策本部長(同法第17条第1項に規定する原子力災害対策本部長をいう。)が設定した帰還困難区域を含む調査区. 「個人」には「法人でない団体」を含む。 4. 8%増)などとなっている。 一方,減少したものは,11産業で減少しており,「製造業」が29,311人の減(9. 事業所が主に行っている事業(原則として過去1年間の販売額又は収入額の多いもの)の種類により,原則として日本標準産業分類(平成5年10月総務庁告示第60号)によって分類したものを言う。一部の分類項目については,小分類項目を更に分割した事業所・企業統計調査独自の分類を使用している。 なお,平成14年3月に日本標準産業分類が改訂されたが,ここでは改訂前の分類を用いている。. . 事業所とは,経営活動の場所ごとの単位であって,原則として次の要件を備えているものをいう。 1.

(注)事業内容等不詳の事業所は含まない。 県内の事業所数を市町村別にみると,「水戸市」が13,136事業所(事業所全体の11. 製造小売事業所(自店で製造した商品をその場所で個人又は家庭用消費者に販売する事業所) 例えば,菓子店,パン屋,豆腐屋,調剤薬局など。 なお,商品を製造する事業所が店舗を持たず通信販売により小売している場合は,製造業(大分類E)に分類される。 5. 平成26年(年)(基礎調査) 調査の目的. 事業所・企業統計調査報告 ※平成18年の調査を最後とし、平成21年から経済センサス-基礎調査に統合されました。 社会生活基本調査 【総務省】5年周期: 事業所・企業統計調査 【総務省】 ※平成18年の調査を最後とし、平成21年から経済センサス-基礎調査に. 経済センサス‐基礎調査は、事業所の事業活動及び企業の企業活動の状態を調査し、事業所母集団データベースなどの母集団情報を整備するとともに、我が国における事業所及び企業の産業、従業者規模等の基本的構造を全国的及び地域別に明らかにすることを目的とした統計法に基づく基幹. 0%減少となっている。 表15 従業者規模別企業数(民営事業所) 目次に戻る. 7%増)となっている。 ―従業者数:「株式会社(有限会社を含む)」が7割以上― 経営組織別に民営の従業者数をみると,「法人」は996,198人(民営事業所全体の84.

6%増加しているが,その他の地域は減少している。 表11 地域別従業者数(全事業所) *H13は44市町村で集計. 65 親会社が海外にある国内企業の状況-平成21年経済センサス-基礎調査結果から-を公表しました。 平成24年11月28日 親会社が海外にある国内企業に関する特別集計を公表しました。. 0%以上の減少となっている。 表10 地域別事業所数(全事業所) *H13は44市町村で集計 全事業所を地域別に従業者数をみると,県南地域が397,465人(構成比31. 1%)となっている。 「法人」のうち,「会社」は913,519人(同74. 製造業の会社が,別の場所で経営している自己製品の卸売事業所(主として管理事務のみを行っている事業所を除く) 5. セルフサービス方式を採用し,売場面積が500平方メートル以上で,金物,荒物,苗・種子のいずれかを小売りしている事業所 2.

平成25年1月29日 事業所に関する集計及び企業等に関する集計(速報) ※ 本調査のデータを引用・転載する場合には,出典(総務省・経済産業省「平成24年経済センサス‐活動調査」)の表記をお願いします。. . 3%)となっている。 全国は「個人」が2,006,773事業所(同37.

従業者とは,調査日現在,当該事業所に所属して働いているすべての人をいう。したがって,他の会社や下請先などの別経営の事業所へ派遣している人も含まれる。 一方,当該事業所で働いている人であっても,他の会社や下請先などの別経営の事業所から派遣されいるなど,当該事業所から賃金・給与(現物給与を含む。)を支給されていない人は従業者に含めない。 なお,個人経営の事業所の家族従業者は賃金・給与を支給されていなくても従業者とした。. 事業所・企業統計調査は、我が国における事業所及び企業の産業、従業者規模などの基本的構造を明らかにするとともに、国や地方公共団体における各種行政施策の計画、立案のための基礎資料を得るほか、事業所及び企業を対象とした各種統計調査実施のための母集団情報としての事業所及び. 3 事業所・企業統計調査報告 / 総務庁統計局編集 平成13年 第2巻. 3%)となっている。 「法人」のうち,「会社」は59,430事業所(同51. 【平成22年第2四半期(4月~6月)調査から】 統計法第27条に規定する事業所母集団データベース(総務省)を基に、国土交通省観光庁で補正を加えた名簿から、標本理論に基づき抽出されたホテル、旅館、簡易宿所、会社・団体の宿泊所など。.

9%)となっている。 前回調査と比べると,「個人」が8,665事業所の減(11. 毎月勤労統計調査-平成31年2月分結果速報及び平成30年年末賞与の結果 ; 毎月勤労統計調査-平成30年2月分結果速報及び平成29年年末賞与の結果 ; 毎月勤労統計調査-平成29年2月分結果速報及び平成28年年末賞与の結果. 国立印刷局: 03 &92;14700: 事業所・企業統計調査報告( 事業所及び企業に関する集計都道府県別結果 石川 ) 平成16年 第3巻 17 : 総務省統計局: 日本統計協会: 03 &92;4935: 新賃金傾向値表年版: 労働省: 労務行政研究所: 09 &92;6858: 余暇レジャー総合統計年報. 製造業 自店で製造した商品の卸売販売額,原材料を支給し委託生産したものに自社で加工処理して完成させた商品の卸売販売額及び受託製造の加工賃収入額。調査票の「事業別売上(収入)金額」のうち,「(ウ)3製造品の出荷額・加工賃収入額」により算出した。 4. 4%)で最も多く,次いで県北地域,県西地域,県央地域,鹿行地域の順となっている。(第1-24表及び第6図) 1. 年6月1日を調査期日として、「年工業統計調査」を実施しています。 大変御多忙のこととは存じますが、本調査の趣旨・重要性をご理解いただき、調査票の提出にご協力くださいますようお願い致します。.

-事業所数:「医療,福祉」の増加- 全事業所の産業大分類別に事業所数をみると,「卸売・小売業」が34,564事業所で,全体の27. 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 構造統計室 電話(内線2896)(直通) E-MAIL jp 受付:平日(月曜~金曜)9時~18時. 5%減)となっている。 図4 事業所数,従業者数の推移(民営以外の事業所) 目次に戻る. セルフサービス方式を採用しており,「店舗形態」において「ドラッグストア」を選択した事業所 1. 7%を占めている。 全国は「卸売業,小売業」が1,355,060事業所(同25.

0%)の順となっている。 産業大分類別構成比を全国と比較すると,「製造業」及び「学術研究,専門・技術サービス業」などで高く,「卸売業,小売業」及び「宿泊業,飲食サービス業」などで低くなっている。(第1-4表) 県内の従業者数を産業大分類別に平成26年経済センサス-基礎調査の結果と比較すると,全産業で4,199人(0. 9%を占めている。 前回調査と比べると,「1~4人」が16,168人の減(9. 総務省統計局. 産業大分類「I-卸売業,小売業」に格付けられた事業所のうち,以下の全てに該当する事業所について集計した。 1. 事業所・企業統計調査報告(平成8年 第2巻 09) - 総務庁統計局 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. ※事業所・企業統計調査は、平成18年の調査を最後とし、平成21年から経済センサスに統合しました。 ※昭和56年~平成18年事業所・企業統計調査結果はこちらから御覧ください。 の項目は、政府統計の総合窓口「e-Stat」掲載の統計表です。. 日本統計協会.

9%減)となっている。 図10 会社企業数の推移 *「会社企業」とは,経営組織が株式会社(有限会社を含む),合名会社,合資会社,合同会社及び相互会社で,本所と支所を含めた全体をいう。単独事業所の場合は,その事業所だけで「会社企業」となる。したがって,企業数は,本所事業所と単独事業所の合計をいう。 目次に戻る. 工業統計調査は、「速報」→「概要版」→「確報」の順で公表されます。 下記表で「速報」、「概要版」、「確報」のすべてが公表されている場合は、 「確報」が確定値 となりますので、そちらをご利用くださるようお願いいたします。. 事業所・企業統計調査報告 事業所及び企業に関する集計 平成11年 第2巻 25 - 総務庁統計局 経済活動が,単一の経営主体のもとで一定の場所(一区画)を占めて行われていること。 2. ※1: 平成19年11月に日本標準産業分類の第12回改定(経済活動のサービス化の進展等に伴う産業構造の変化への適合等を目的として、集計の分類項目の統合・名称変更・新設を行い、 結果として項目数が増加している(大分類1、中分類2、小分類109、細分類186の増加))が行われ、本社等の「管理.

(注)事業内容等不詳の事業所は含まない。 県内の民営事業所における従業者数を経営組織別にみると,「個人」が136,374人(従業者全体の11. 飲食部門 客の注文に応じて調理した飲食料品を提供する事業の収入額及び飲食できる設備を有しその場所で料理等を飲食させた収入額。調査票の「事業別売上(収入)金額」のうち,「(キ)17. -事業所数:40市町村で減少- 全事業所を市町村別に事業所数でみると,水戸市が13,949事業所で最も多く,以下日立市が8,136事業所,つくば市が7,582事業所,土浦市が6,853事業所の順となっている。 前回調査と比べると増加した市町は4市町村で,最も増加率が高かったのは,守谷市が5. ガソリンスタンド 6.

主として無店舗販売を行う事業所(販売する場所そのものは無店舗であっても,商品の販売活動を行うための拠点となる事務所などがある訪問販売又は通信・カタログ・インターネット販売の事業所など)で,主として個人又は家庭用消費者に販売する事業所 7. 毎月勤労統計調査における「従来の公表値」等の訂正について(令和2年11月25日) 毎月勤労統計調査 令和2年夏季賞与の結果(令和2年11月13日) 「毎月勤労統計調査(全国調査)」における公表結果の訂正等について(令和2年11月5日). 大分類N-生活関連サービス業,娯楽業のうち,小分類792-家事サービス業に属する事業所 4.

個人(個人経営の農林漁家への販売を含む)又は家庭用消費者のために商品を販売する事業所 2. 6%減)となっている 表1 事業所数の推移 *国・地方公共団体には H56は旧日本電信電話公社,旧日本専売公社及び旧日本国有鉄道を含む。 H61は旧日本国有鉄道を含む。 H13は独立行政法人を含む。 H18は独立行政法人,日本郵政公社及び国立大学法人は含まない。 図1 事業所数の推移(全事業所) 従業者数は全事業所1,273,140人であり,民営事業所は1,176,545人,民営以外の事業所は96,595人となっている。全事業所の従業者数は,前回調査に比べると,30,738人の減少(2,4%減)となっている。 表2 従業者数の推移 *国・地方公共団体には H56は旧日本電信電話公社,旧日本専売公社及び. 卸売の商品販売額(仲立手数料を除く)と小売の商品販売額を比較し,いずれの販売額が多いかによって卸売業か小売業かを決定する。 2. 2%増の順になっている。 減少した市町村は35市町村で,最も減少率が高かったのは,高萩市が14. 経済センサス‐活動調査は、全産業分野の経済活動を同一時点で把握するため、日本国内に所在する全ての事業所・企業を対象として、5年ごとに実施されます。調査から得られる日本の経済活動の実態は、国や地方公共団体において地方消費税の清算や各種行政政策の立案など利用されている. 3%)となっている。 前回調査と比べると,「個人業主・無給の家族従事者」は12,765人(13. 3%減)などとなっている。 過去の推移をみると,「医療,福祉」は,調査ごとに事業所数が増加し,構成比も拡大しているのに対して,「鉱業」や「製造業」は,調査ごと減少し構成比も減少している。 図5 主な産業大分類別事業所数の増減率(全事業所)(上位,下位4位)(平成13年~18年) 従業者数が5,000人以上従事している産業中分類の事業所数をみると,前回調査と比べると,「社会保険・社会福祉・介護事業」が50.

(注)事業内容等不詳の事業所を含む。 目次に戻る. 商品を卸売し,かつ,同種商品の修理を行う事業所 7. 1%を占めている。 前回調査と比べると,増加したものは,「医療,福祉」が922事業所の増(16. (注)事業内容等不詳の事業所は含まない。. 1%増となっている。 表3 事業所数の増加率が高い産業(全事業所)(中分類上位10分類)(平成13年~18年) *従業者が5,000人以上の産業中分類 -従業者数:「医療,福祉」の増加- 全事業所の産業大分類別に従業者数をみると,「製造業」が289,430人で,全体の22. 12 形態: 47冊 ; 26cm 著者名: 総務庁統計局 シリーズ名: 事業所・企業統計調査報告 / 総務庁統計局編集 ; 平成11年 第2巻 書誌id: ba4948942x isbn: 産業用使用者(建設業,製造業,運輸業,飲食店,宿泊業,病院,学校,官公庁等)に業務用として商品を大量又は多額に販売する事業所 3.

事業所・企業統計調査報告 事業所及び企業に関する集計 平成11年 第2巻 25 - 総務庁統計局

email: elolim@gmail.com - phone:(696) 844-6497 x 7884

最強のVIP sedan まるごとシーマ、セルシオ大改造計画!! -

-> 速攻シスアド 2000年 - 平井利明
-> TOKYO一坪遺産 - 坂口恭平

事業所・企業統計調査報告 事業所及び企業に関する集計 平成11年 第2巻 25 - 総務庁統計局 - 神戸薬科大学明解問題集 神戸学院大学薬学部


Sitemap 1

こんなに簡単Windows98 - 観察と実験 わぴちゃんのお天気観察図鑑 図書館版 岩槻秀明